読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てゆか、むっつり卒業だよ!晴れて立派なスケベだよ!

自分のない私が“ただの女”にあこがれてからというもの。

絶望からの気づき→ 落とし穴にはまってた!

先日の大絶望を引きづりつつ

ひたすら自分と向き合うという新しい日常を過ごしています。

嫌いな人、許せない物事は全て自分の中に原因?というか抑え込んでた感情があったり、それによってすごく嫌な思いをしたとか、悲しい気持ちになったとか思っちゃうからすごく嫌!

なので違和感を感じたら その人を嫌うんじゃなく、即座に自分の思いにアクセスするんです。

まじで今まで「ヒマつぶし」「遊び」で誰かを嫌っていたんだなー。今は自分に忙しくて、イライラしてる間ないもん。

 

で、そうしていると、あることに気づきました。今までの自分って、人に振り回されてる。自分の価値さえ、人に権利を渡してしまっていた。

こないだの100個自分褒めるワークでも、

私は(あの人より)美人。

私は(他人より)ストイック。

私は(あの人より)愛されてる。

私は(他人より)〇〇が好き。

などなど、キリないし、人生の全て、

自分の好きや信念と思い込んでいたことさえ、

他人と比べることによって設定していたんです!

これ、私の中でかなり大きな落とし穴でした。

もしかしたらなんども聞いたことあるし、学んだことかもしれない。

でも、前回の大絶望なくしては本当に理解することができなかったんではなかろうか。

 

そりゃーいろいろうまくいかんわ。

だって私は別に誰とも比べなくても

美人だし、

ストイックだし、

愛されてるし、

空手好きだし、

男の人好きだし、

運動するし、

クレイジーだし、

かっこいいし、

 この世でたった1人の自分ですもん。

なのにいちいち人と比べて、他人のここを散策して、こっちがいい あっちがいい だからダメだやめよう やっぱこうしよう とか…

なんか、ズレまくってます。

 

よし、私はまだいける!

 

ありがとうございます。